観劇

「エトワール」〜負けるもんか〜

土曜日、東京オペラプロデュース制作のオペレッタ、シャブリエの「エトワール(星占い)」を観劇。なんとなく、「負けるもんか」と、ちょっと闘争心が湧く。この公演、以前埼玉オペラでお世話になって以来、公演のご案内をやりとりしている田辺いづみさんか…

『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ〜日曜日にジョージと公園で〜』〜時空を越える話って大好き〜

娘が臨海学校で1週間不在にする、というので、女房が、たまには大人のエンターテーメントを見よう、と探してきてくれたのが、PARCO劇場で、宮本亜門さんが演出するブロードウェイ・ミュージカル、『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ〜日…

音楽工房ミッレ・メルチェ公演「こうもり」〜なんだか懐かしかった〜

日曜日、ガレリア座の仲間がダンサーとして助演する、ということで、王子駅前の「北とぴあ」まで、娘と一緒に見に行きました、音楽工房ミッレ・メルチェ公演の「こうもり」。台本・演出:林 祐秀 ピアノ:服部 尚子 ヴァイオリン:岸 倫子アイゼンシュタイン…

「アドリアーナ・ルクヴルール」〜継続は力〜

週末、埼玉オペラ協会の「アドリアーナ・ルクヴルール」を見に行く。この協会が以前上演した、「カルメン」の舞台で助演させていただき、ちょっとご縁ができた関係で、ブイヨン公爵夫人役の田辺いづみさんが、チラシを送ってくださったのです。田辺さんがキ…

「黎明の風」〜ハデすぎました〜

私の兄が書いた「白洲次郎 占領を背負った男」を素材に、宝塚歌劇が「白洲次郎さんをタカラヅカの舞台にします」という話があって、ほんとかよ、と思っていたら、これがほんとになっちゃいました。「黎明の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-」という舞台…

二期会公演「天国と地獄」〜人のことはいくらでも言えるんだけどさ〜

昨日、行ってまいりました日生劇場、二期会の「天国と地獄」です。 台詞:佐藤 信 指揮:阪 哲朗 演出・美術:佐藤 信 衣装:櫻井 利彦 照明:黒尾 芳昭 映像:吉本 直聞 振付:謝 珠栄 美術補:工藤 明夫 演出助手:高岸 未朝 合唱指揮:松井 和彦 舞台監督…

NINAGAWA12夜〜400年のがっぷり四つ〜

以前、市川右近さんが演出した、二期会の「ポッペアの戴冠」を見たことがあります。舞台を平安時代の王朝物語に移しかえ、ネロとポッペアの恋を、時の帝と側室の恋愛に置き換えた舞台。とても意欲的な試みで、歌い手さんたちも大熱演だったのだけど、かなり…

銀座七丁目オペラ劇場「伯爵令嬢マリツァ」

一週間後にGAGの本番を控えた先週末、それでもインプットは大事、ということで、土曜日の午後、行ってきました、銀座七丁目オペラ劇場。銀座の「ライオン」で定期的に開催されている、菊池美奈さんと瀧田亮子さんが仕掛けている舞台です。私は、銀座の「ライ…

ガレリア座「コルンゴルト編曲版 こうもり」〜たそがれの維納〜

GWの後半は、ガレリア座の公演を中心に、くらやみ祭を見に行ったり、プラネタリウムを見に行ったり、のんびりと過ごしました。今日は、そのガレリア座公演の感想を。自分も団員なので、ある意味身内の公演ですから、あんまり客観的に見られない部分は否めま…

「利口な女狐の物語」〜演出にアイデア賞〜

週末、合唱コンクールの全国大会で熊本にでかけた女房の留守中、娘と二人で色々と活動しておりました。以下に列挙。・日生劇場の「利口な女狐の物語」を娘と二人で観劇。 ・夜、娘を寝かしつけてから、以前録画していた、佐々木昭一郎演出の「紅い花」を見る…

二期会オペラ公演「コジ・ファン・トゥッテ」〜明快な構造〜

週末、いろいろとインプットがあったので、ぼちぼちと書いていきます。・幸田文「きもの」を読了。やっぱりものすごくいい。 ・二期会オペラ公演「コジ・ファン・トゥッテ」を見る。いつ見ても幸福になるオペラ。 ・大久保混声合唱団「その心の響き」演奏会…

新宿オペレッタ劇場 「イゾリーヌ」〜西欧流「スラップスティック」ってさ〜

今日は、インド帰りのヘロヘロ状態で見に行った、新宿オペレッタ劇場「イゾリーヌ」です。イゾリーヌ(王女):嶋粼裕美 イゾラン(王子):星野恵里 オベロン(妖精の王):清水良一 ティターニア(妖精の女王):三塚直美 アマラソント女王(イゾリーヌの…

二期会「ラ・ボエーム」〜コントラストの大切さ〜

先週の木曜日、行ってきました、二期会の「ラ・ボエーム」です。指揮:ロベルト・リッツィ・ブリニョーリ 演出: 鵜山 仁 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 合唱:二期会合唱団 公演監督:栗林義信ミミ:大岩 千穂 ロドルフォ:福井 敬 マルチェッロ:…

ボヘミア・オペラ「利口な女狐の物語」〜この幸福感はなんだろう〜

3連休、雨にたたられて、予定していた娘の運動会が順延のあげく結局開催されず。今週木曜日に延期されてしまいました。職場で恐る恐るお願いして、年休をゲット。幼稚園最後の運動会だからねぇ。あとは天気の回復を祈るばかりです。さて、今日はその3連休…

モネ劇場来日公演「ドン・ジョヴァンニ」〜モーツァルトは難しいねぇ〜

昨夜、前々から楽しみにしていた、大野和士指揮、モネ劇場の「ドン・ジョヴァンニ」を見てまいりました。指揮:大野和士 演出:デイヴィッド・マクヴィカー 合唱指揮:ピアーズ・マキシム 合唱:ベルギー王立歌劇場合唱団 管弦楽:ベルギー王立歌劇場管弦楽…

「アラジンと魔法のランプ」〜お見事!〜

今週末から夏季休暇に入るので、今週はほとんど心ここにあらず、という感じです。いつもはちゃんとここにあるのか。あんまりないですね。シュレディンガーの猫状態。あると見ればある。ないと見ればない。見ないと分からない。何を言ってるんだ。すみません…

二期会「椿姫」〜バケツ3杯の涙〜

椿の花は匂いがないから 金持ちの男は心がないから ・・・だから私は好き。 昨日、文京シビックセンターに、二期会の「椿姫」公演を見てまいりました。指揮: アントネッロ・アッレマンディ 演出: 栗山昌良 舞台美術: 石黒 紀夫 衣裳: 岸井 克己 照明: …

千流螺旋組「骨」〜肉体という言葉〜

週末の活動のリストです。・今度、身内のコンサートをやろうか、と言っている アートホール レミド、という場所を見学に行く。 ・千流螺旋組「骨」を観劇 ・大田区民オペラ合唱団の練習に参加 ・ずっと見損ねていた「機動警察パトレイバー劇場版」の第一作を…

フェニーチェ歌劇場「真珠採り」〜音楽の再発見〜

昨夜、オーチャードホールで上演された、フェニーチェ歌劇場の「真珠採り」を見てまいりました。今日はその感想を。ビゼー作曲 『真珠採り』 指 揮 : ギョーム・トゥルニエール 演出・装置・衣装 : ピエール・ルイージ・ピッツィ 出 演 : レイラ(S) ア…

勘三郎襲名公演そのに 「毛抜」〜愉快なヒーローの原点〜

尼崎の列車事故には驚きました。私の実家は、福知山線の宝塚線沿線にありますから、帰省するたびに使っていた電車なんです。幸い、親戚縁者に被害者はいなかったようですが、巻き込まれた方、遺族の方々には、本当にお悔やみを申し上げます。さて、今日は、…

勘三郎襲名公演 そのいち〜「恥」ということ〜

週末のインプットを例によって並べます。・金曜日、勘三郎襲名公演を見に行く。大好きな「毛抜」で楽しみ、「籠釣瓶」の構成の見事さに感動。 ・土曜日、大田区民オペラ合唱団の練習に今日は、勘三郎の襲名公演の感想を、多分、1回ではすまないので、2回に…

新国立劇場 コジ・ファン・トゥッテ〜シンプル イズ ベスト!〜

21日、新国立劇場に、「コジ・ファン・トゥッテ」を見に行きました。今日はその感想を。指揮:ダン・エッティンガー 演出:コルネリア・レプシュレーガー フィオデルリージ:ヴェロニク・ジャンス ドラベッラ:ナンシー・ファビオラ・エレッラ フェルラン…

木下大サーカス〜パフォーマンスの究極の形〜

3連休、ガレリア座も何もない休日を、親子そろって思い切り堪能いたしました。3連休のインプットは以下のようなものでした。−土曜日、家族で、木下大サーカスを見にいく。 −日曜日、なあんにもしない。 −月曜日、新国立劇場に、「コジ・ファン・トゥッテ」…

東京国際芸術協会 フレッシュオペラシリーズ

昨夜は、ネット上で偶然見つけた、ミニオペラコンサートを、トリフォニーホールの小ホールに見に行きました。東京国際芸術協会(TIAA) フレッシュオペラシリーズVol.2・ドン・パスカーレ抜粋:小柴総江(ノリーナ)・吉野 新(マラテスタ) ・椿姫抜粋:鈴木…

日本オペレッタ協会「ルクセンブルグ伯爵」〜スパイスは上手にね〜

週末は、大きく2つのインプットがありました。1:22日(土)に、日本オペレッタ協会「ルクセンブルグ伯爵」を見る。 2:23日(日)に、大田文化の森合唱団の演奏会を、ステージマネージャとしてお手伝い。今日は、「ルクセンブルグ」の話をしましょう…

娘の幼稚園の「クリスマスお遊戯会」

週末、例によって様々なインプットがありました。ざっと羅列すると、−土曜日の午前中、娘の幼稚園で、「クリスマスお遊戯会」 −土曜日の午後、家の模様替えのためのお買い物 −日曜日の朝、WowWowで録画していた映画「ぼくんち」を見る −大久保混声合唱…

松山バレエ団「くるみ割り人形」〜物語の明快さ・チケットを売るネットワーク〜

週末、久しぶりにガレリア座の練習が全くなし。この年末に家の中の模様替えを計画しているので、土曜日はその準備。日曜日に、府中の森芸術劇場 どりーむホールで上演された、松山バレエ団の「くるみ割り人形」を見に行ってきました。年末のクリスマス時期に…

加藤健一事務所 「バッファローの月」〜劇団を維持すること〜

今日は、22日の金曜日に見た、加藤健一事務所の「バッファローの月」の感想を書きます。作/ ケン・ラドウィッグ 訳/ 小田島恒志 演出/ 久世龍之介キャスト/ ジョージ・ヘイ ・・・・・ 加藤健一 ポール ・・・・・ 畠中洋 シャーロット・ヘイ ・・・・…

千流螺旋組公演 「灰神楽」〜ユートピアとしての戦時下〜

昔、声優教室で一緒に勉強していた橋本聡子さんが出演される、ということで、見に行ってきました。千流螺旋組の「灰神楽」。とてもまっすぐで、背筋がぴんと伸びるような、いいお芝居で、本当に満ち足りた気分になりました。作・演出 伊比庸晋出演: 大島義…

新国立劇場「カヴァレリア」・「道化師」

昨日、新国立劇場で千秋楽を迎えた、「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」の公演を見てきました。指揮 :阪 哲朗 演出 :グリシャ・アサガロフ 合唱 :新国立劇場合唱団 管弦楽 :東京フィルハーモニー交響楽団 主催 :新国立劇場 - キャスト カヴァ…